読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NoAのモンハン日記

狩りの思い出、徒然に・・・

MHXX18

ダブルクロスの日記18回目です。

本日は闘技場クエストのお話ですの。

 

勲章を埋めるためには、シリーズによって異なりますが、基本的に闘技場を全Aランクか、もしくは全Sランクでクリアする必要がございます。

カノさんの話によると、今回は全Sが必要とのこと。

特殊許可証埋めの合間をぬって、カノさんと二人こつこつ闘技場に通っておりました。

 

 

闘技場全Sの難易度は作品によって、ばらつきがあるかと思いますの。

前作クロスはとっても簡単で、ほとんど初見でSが取れましたが、4の時は難しかった記憶がございます。

果たして、今回は・・・というと、私個人の印象といたしましては、かなり難しめ。

中でも、ニャンターが激ムズでございましたですの!

本日はそこを中心にお話させて頂こうかと思いますわ。

 

 

まず、普通にハンターでの闘技場クエスト。今回は4種類ございまして、イャンガルルガ、ベリオロス、ウラガンキン、セルレギオス

闘技場は自分の得手になる武器が使えるかで、難易度もだいぶ変わってくるかと思いますの。

私の場合は、大剣、ハンマー、操虫棍、それにライト&ヘビィあたりがあると助かります。

今回はクロスの時よりはシビアになっていると思われ、得手があっても、失敗→戻ってカノさんと打ち合わせ→再チャレンジの流れを繰り返し、1発クリアはございませんでした。残念。

だいたいどれも3回くらいでしたですの。

 

その後、ニャンター3種に移行するのですが、これが大きな壁と立ちはだかり、計3夜かかっての攻略になしましたのよー。

 

ダブルクロス闘技場/ボルボロス Sランクを狙え!

最大の難関がこちら、「ニャンターで対ボルボロス 5分未満でSランク」でございました。

結論から言うと、最初に挑戦した1夜目、リベンジを誓った2日目、背水の陣で向かった3夜目、計22戦目にして、カノさんと二人ようやくSを出しましたですの。

 

 

22という数字は金冠などと比較すれば、それほど回数を重ねていないようにも見えますが、失敗の度に新たな作戦を相談していたので、時間はかなりかかっておりまたの。

そして、限定された条件の中で解法を探しているのに、一向に先が見えない泥沼は私たちの心を蝕んでいきました。。。

 

 

このクエストで選べるのは、カリスマ、ガード、アシスト、ボマー、ビースト。

初日は様子見くらいで3戦。オトモとして優秀だったビーストを二人ともチョイスしてみますが、7分前後。

「これはなかなか大変そうですわね」

と、夜も遅かったので、翌日に持ち越しました。

 

 

2日目。この日は二人で、いろいろな組み合わせを試します。

最初は、私はオトモとして愛用していたビースト、カノさんはボマーを選んでいました。

それなりに上手く立ち回れた!手応えがあった!という時でも、6分前後。

「ここからさらに1分縮められますの!?」

と、不安がどんどん募っていきます。

 

 

勿論、腕の問題もあるとは思うのですが、二人ともどこかに

「プレイスキルに左右されない正解の組み合わせ」があると考え、設定された武器、サポート行動、オトモスキルを吟味し、どれならいけそうかと相談しながら何度も挑戦し、そして失敗していきました。。。

「これは、爆弾とか毒とかの固定ダメージをうまく利用しないといけないのでは」

「カリスマのオトモ鼓舞が使えるんじゃないか」

「意外とガードという可能性も!?」

などなど。

しかし、そのどれもうまく行かず、この夜は解散とあいなりました。

 

 

前日の袋小路感がぬぐえないまま迎えた3夜目。

カノさん「ボマーなら、ソロでも成功例があることを調べましたよ」

それはいい情報!とボマー×ボマーコンビで挑みます。

この組み合わせ一応昨日も試してはいるんですが、再挑戦。これで、新記録の5分45秒、なかなか越えられない6分の壁は超えますが、まだ45秒も・・・と愕然と致します。

 

 

この後、またいろいろ試すのですが、どれもうまくいかず完全に袋小路に。

そこで、「組み合わせを考えるのはやめて、練度を上げる方向で、とにかくあきらめずに頑張ろう!」と考えを改めましたですの。

そして、一番可能性のありそうなボマー×ボマーに望みを託します。

 

 

その結果、実に22回目の挑戦でようやくSランクを取ることに成功いたしましたですの!

これは、本当に嬉しかったですぅ(泣。

f:id:ucurrent:20170415115037j:plain

これからこのクエストに挑戦される皆様に、少しでも参考になればと、僭越ながら 以下に、カノさんと相談に相談を重ねた私たちの解法、記させて頂きますわね。

(金冠ツアーと同じで、「成功例があることを心の支えにしたい!」という感覚に、陥りましたわ)

 

 

基本戦術

・基本的に通常攻撃は一切せず、「小タル爆弾」を当て続け、ゲージが溜まったら「大タル爆弾G」を当てる

(投げる時は、ボロスの近く、足元付近がよさげ。小タルは放物線の軌道を描きますが、その出始めや頂点でヒットする位置取りだと、攻守に便利に感じました)

ボルボロスの突進はジャスト回避で回避

 

 

成功した時の作戦

・まず寸暇を惜しんで攻撃をし続けることが大事。本当にずっと爆弾を投げてるイメージ。

ボルボロスの動きを見ることは大事ですが、タゲ合わせされている時など待つのではなく、その間も爆弾を当てる

・結果、一番脅威になる突進が来ることもありますが、それはジャスト回避!(最初は難しいかもですが、私も出来るようになりました。)

・追いかけっこを防ぐため、事前にどのあたりで戦うかをおおまかに決めておく

(私たちは平台側の奥に出来るだけ誘導狙い。ボルボロスが壁際で止まらざるを得ないので、移動少な目に。また疲労になるとバックステップを連発するのですが、それが壁際だと攻撃チャンスに!)

f:id:ucurrent:20170415115339j:plain

成功時は、この子が見ている先に、ボルボロスを連れて行けました。ただ、誘い待ちをする時間的余裕はないので、あくまでここを背中に背負う・・・を意識するくらいでしたですわ。

 

 こんな感じでしょうか。このクエストは本当っに苦労いたしましたですの。。。

振り返ってみると、組み合わせを探すより、プレイスキルがやっぱり大事ですあねと改めて思いましたわ。

あと、少しの運。ボルボロスが泥まき散らしを連発して、泥まみれにさせられると時間のロスに。そういう時は、失敗しちゃいました。

 

 

さて、残りふたつのニャンター闘技場はさらりと。

・闘技場ニャンタークエスト/テツカブラ

こちらは、カノさんが「コレクト×コレクトで。そして、クロス時代に隆盛した貫通&巨大ブーメランのみを当てまくる作戦でいきましょう」と提案。

この作戦は見事にハマり、5戦目でSランク。4分52秒でした。

私が、ブーメランのやり方を思い出すまで時間がかかってしまいましたが、他のタイムも5分〜5分15秒くらいなので、割と安定の組み合わせだと思います。

 

 

・闘技場ニャンタークエスト/ババコンガ

こちらは、「ゴリ押ししましょう!」とビースト×ビーストを選択。

立体闘技場でSランクは7分以内。ツタの上ではなく、下で戦います。

こちらは作戦という作戦はなく、とにかく避けて殴るの繰り返しで、2戦目でSランク。6分38秒でございました。

 

と、今週はこつこつ闘技場に通いまして、ついにこちらの勲章を!

f:id:ucurrent:20170415115102j:plain

ちなみに、この勲章のふたつ隣り、ビッグマスタークラウンも、一つ残っていたバルファルクの銀冠を手に入れて、同時期に頂いちゃいましたですの。

 

 

本日は長くなってしまいました。

ご一読頂きありがとうございましたですの。

特殊許可証クエストも、今週末あたりには終わらせることが出来るかなあ・・・ですの。

では、また!