NoAのモンハン日記

狩りの思い出、徒然に・・・

MHX27

ソロ狩りアフターの記録3回目です。

 

ソロ狩りも、オンラインと並行して進めておりますわ。

ただ、もう残ったクエストが30分以上はほぼ間違いなくかかる連続狩猟ばかりなので、集中力的に1日2クエストが限界ですの。

村クエストは残りふたつ、集会所7が10数個くらい残っています。

今回は、村クエストを制覇しちゃいますの。

 

村クエスト/天と地の怒り

リオレウス希少種とリオレイア希少種の同時狩猟です。

装備は攻撃200の水属性、スキルは匠集中抜刀技の3種で、防御力は550です。

クエスト始まってすぐに、自分の勘違いに気付きます。

何故かフィールドは森丘だと思い込んでたのですが、実際は闘技場。

モドリ玉欲しかったですの。。。

出来るだけリタイヤもしないようにしているので、継戦致しますわ。

 

水属性を選んでいますので、作戦は乗りを狙いやすい平台側で銀レウスから戦いたかったのですが、誘導がうまくいかず、金レイアと斜面側で戦うことに。アイタタですわ。

残り1体にしてしまえばこちらのものなので、閃光玉や罠など物資は惜しまず投入します。

しかし、気を付けてはいるものの、乗りダウンや罠にかかったタイミングでちょうど分断柵が解除されてしまいます。うまくいきませんのよー。

怒り状態の金レイアのサマーソルトを食らい、削りで減った分も合わせてピンチに。

モドリ玉で撤退してしまおうと、アイテム欄をスライドさせまくりますが、ないっ。

「モドリ玉持ってきてなかったんでしたわね・・・」

金レイアが回り込んできてサマーソルト。1乙です。

その後準備して再戦。死にかけていたようで、すぐに金レイアを討伐。

その後は、銀レウスも勢いで討伐完了ですの。

f:id:ucurrent:20151216023030j:plain

 

 

村クエスト/四天王の凱歌

さて、これが最後の村クエストになります、四大モンスターの連続狩ですの。

今回の村の最終課題に当たるクエスト、やはり初回勝利を目指したいところですわ!

武器は何を担いでいくか悩みましたが、一番時間かかりそうなガムートにあわせて、攻撃力210のア-レーを選択。スキルは匠集中抜刀技の3種で、防御力は550です。

モドリ玉は調合分まで持ち込み、雪だるまが時間ロスになるので消散剤も準備しました。

さて、懸案事項は1体ずつなのか、2体ずつなのか。

恐る恐る入場すると、2体。やっぱりそうですわーよーねー。

 

まずはガムートから、落とし穴に入れて、その後は乗りダウンと最初からラッシュをかけます。ガムートの行動が遅いので、分断がとけても余裕がありますの。

一番苦労するのがガムートだと思っていたので、シビレ罠も使い、ここに物資を投入しますわ。

9分ほどで討伐して、タマミツネにタゲを変更すると、ちょうど疲労中です。チャンス。

1分経つと、3体目のライゼクスがやってきますので、再び分断を。

しかし、タマミツネに削り→1撃もらう→起き攻めで1乙食らいます。はわわですわ。

ここで弱気になってしまって、分断柵がクールタイムの間は、モドリ玉でBCに戻り、砥石を使ったりという作戦に。幸い時間は大丈夫そうなので出来る作戦ですの。

タマミツネを9分で討伐し、最後のディノバルドが登場。

ライゼクスはダウンを取りやすいのでチャンスを作りやすいですが、今回はそんなときに限って分断解除になり、結果8分で討伐。

ここまでくれば、後は油断しなければ大丈夫。

ディノバルドは5分で討伐して終了ですわ。計31分でしたのよ。

 

今回は分断柵が使えるので、歴代の村クエスト最終の中では、比較的楽なラストミッションだったように感じましたわ。

これで、さらに村クエストが増えるかなとも思っていたのですが、

f:id:ucurrent:20151216031030j:plain

勲章が出ましたわ♪

これにて、長い長い村クエスト終了です!今回の村クエスト総数は圧巻の197クエスト!圧巻のクエスト数ですのー。

 

ちなみに、一緒にこの勲章も出ました。

f:id:ucurrent:20151216103102j:plain

この各村のこの部分には何の勲章が来るのかずっと疑問だったのですが、依頼を全部やればいいんですのね。

 

 

集会所クエスト/原生林の平和を守れ

今回ついに、残しておいた獰猛化モンスターの連続狩猟に挑みました。

単体でも厄介な獰猛化モンスターなので、それが連戦となると、戦う前から食傷気味になりますわ。

なにより、回復アイテムなどの物資が足りるかどうかも心配ですの。

 

クエストは最も簡単そうな「原生林の平和を守れ」を選択。

ゲリョスガララアジャラゲネル・セルタスがターゲットです。

今回は長期戦になると分かっていたので、準備を比較的入念に行いました。

装備は、攻撃力210のア-レー、スキルは匠集中抜刀技の3種で、防御力は550です。

アイテムは回復薬グレートに、回復薬とハチミツ、生命の粉塵3個も。さすがに、ポーチいっぱいなので、粉塵の調合分までは持ち込めずですの(必要になりそうですが)

オトモは回復が足りなくなると予想しているので回復役のアスマと、落とし穴狙いでアシストのゴトウダを同行させます。

ネコメシは、念のため報酬保険をかけ、3乙できる状態に。

 

では、はりきっていってみましょうですのー。

まずガララがいるであろうエリアに向かいます。

一番面倒なのがガララなので、落とし穴・シビレ罠投入で、頭に溜め3を叩きこみまくりますわ。

が、そんな中ゲリョスがやってきます・・・ああ、これ最初から2体いるのね。

ガララの咆哮で硬直→ゲリョスの毒がきまると一瞬でピンチになったり。

分断してガララを狙いますが、乗りダウンが取れなかったり、再び合流されたりで、討伐まで15分かかりました。回復薬グレート5個消費。

及第点かなと思いますが、セルタス単独の時、28分かかった私なので、せめて25分はセルタスに残してきたいですの。

 

しかし、獰猛ゲリョスは一筋縄ではいきません。

単独狩猟の時は、面倒なので毒無効を発動させたりしてるので、毒がいやらしくて仕方ありません。被ダメも決してばかにならないので、解毒薬→回復薬で時間のロスが。

走り回られるのも、閃光スタンも、こちらの手が止まります。

せめて疲労があればいいのにと思いつつ、尾を狙い続け、27分で討伐。

予定はオーバーしたものの、挽回できる範囲です。さらに回復薬グレート5個消費で、残り10個ですわ。

 

最後のセルタスが登場。

以前日記にも記しましたが、ソロで食らった3乙2回のうち、1回はこのセルタス相手です。なので、時間はないものの慎重に。

セルタス相手には、狩技の「地衝斬」が非常に有効です。大剣を切り上げる技なのですが、これを胴体に当てるとほぼほぼアルセルタスと分離させることが出来て、大変助かりますわ。

でも、セルタスは体力が高め。無情にも、「残り時間10分です」の文字が。

焦って無理なタイミングで攻撃し始め、逆に反撃をもらい、ついに回復薬グレートも

生命の粉塵も使い切りました。もうネコ笛に頼るしかありません(汗)

回復できないところ、こつこつ削られ、ついに1乙。

BCで支給品を取っていると、「残り時間5分です」が知らされます。

幸いなことに、セルタスは帰巣して眠っているようなので、急行。

溜め3を叩きこみ、何回か斬ると討伐。

タイムは、46分。今までの連続狩猟では40分かかったものはなかったので、大幅に伸びましたですのよー。そして、今後が不安。

f:id:ucurrent:20151216103154j:plain

 

 

アマツマガツチ、ソロ戦

先日のPT戦で、苦戦を強いられてしまったのでアマツマガツチにソロで挑んで参りました。

要練習ですの。

基本的には、こちらのペースで進められますが、やはりダイソンが怖いですわね。

練習して避のコツはほぼ掴めましたが、水やられになっていたりすると悲惨な結果に。

万一に備えて、モドリ玉は持っていった方がいいわね。

あと、4Gと一緒なら、全てのモンスターに乗るという乗り勲章があるはずなんですが、そのためアマツにも頑張って乗ろうとしました。

マップ上にある高台付近に来た時がチャンスなのですが、この高台壊されることがあるんですのよね。

残念ながら、今回は無理でしたの。

ソロ討伐は37分0乙。やっぱり時間かかりますわねー。

f:id:ucurrent:20151216121323j:plain

でも、美しい光景に疲れも吹っ飛びますわ!

それに、アマツ武器優秀なので、今後のエースになりそうですわ。

 

こんな感じでソロはソロで進めています。

 

広告を非表示にする