読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NoAのモンハン日記

狩りの思い出、徒然に・・・

MHST2

こんばんは、NoAです。MHSTの日記2回目ですの。

早速、昨日5時間ほどプレイしてみましたっ。

日記を書くに当たり、どんな感じで書こうかなと考えたのですが、モンハンファンの方々でも、まったく毛色の違うこの「モンスターハンターストーリーズ」は、とりあえず様子見という方も多いのではないかと思いますの。

たぶん、私の周りも誰もやってない・・・ですの・・・

 

 

そこで、私自身もプレイ前に疑問に思っていたことを交えつつ、最初は「実際プレイしたらこんな感じでした!」という紹介をしつつ、振り返って行きたいと思いますわ。

 

 

ストーリーに関して

ストーリーのおおまかなな流れは、「ハンターとは違い、モンスターと絆を結び共生するライダーの子供が主人公。外の世界を見て成長したいと、村から旅立ちます。そんな中、”黒の凶気”と言われるモンスターを凶暴化させる謎の現象が起こっていて・・・」

といった感じですの。

物語的には、”黒の凶気”の謎を解明していくことがメインストリームですが、主人公自身は、あくまで外の世界を見てみたいという動機の方が強い感じかしら。

なので、あまりシリアスにもなり過ぎず、冒険活劇的な明るい雰囲気になってますわ。

 

さて、ここでキャラメイキングに関して。

冒頭で自分のキャラクターを作れますが、私の分身NoAはこんな感じになりましたっ。

f:id:ucurrent:20161008095631j:plain

かわいい(確信)!

目、口、髪型、輪郭、メイク、声などを選択出来ます。

特に、目と髪型は十数個の中から選択可能でした。

髪型はいつも使っている姫カットがあって、とっても嬉しかったですっ。いっきに愛着が。

 

このキャラクターが、ころころと表情を変えるので、見てて楽しいです!

f:id:ucurrent:20161008101138j:plain

笑ったり、

f:id:ucurrent:20161008100502j:plain

驚いたり、

 

f:id:ucurrent:20161009065000j:plain

困ったり。どれもかわいい。

一番下に出てくるアイルーが「ナビルー」といって、一緒に旅をする仲間になります。

最初、このデザインを見た時、「こ憎たらしい顔してるわね(笑)」とちゃんと愛せるか不安だったんですが、すごいいい子で、もう慣れましたっ。

 

ストーリーは、写真のような会話形式で進むところもあれば、キャラクターが動くムービーも要所要所に配置されております。

 

 

フィールドに関して

 ゲームのフィールドはかなり広大で、地図を見ながらでないと、なかなか大変かもです。

モンスターはシンボルエンカウント制なので、避けようと思えば、ほぼほぼ全部避けられると思いますわ。

ランポスやファンゴといった小型モンスターが多いですが、ドスランポスイャンクック等の大型モンスターを点在しておりますの。

また、フィールドには本家と同様に、採集ポイントがあります。基本的には、1か所1回の採集で、ピッケルとか虫あみは、今回は消耗品ではなく、無限に使えます。

 

そして、フィールドには高低差があり、中には、岩から岩に飛び移らないと行けないところ、ツタを登らないと行けないところ、岩が道をふさいでいるところなどがあり、これらは、各オトモンの固有アクションで行動範囲が広がるようですわね。

まだ序盤なので、ツタを登れるオトモンが早く欲しいなあなど、今後の楽しみがあるところはRPGの醍醐味でしょうか。

ちなみに、クック先生がオトモンになっているんですが、固有アクションは「飛行」ではないので、空とか飛べないんですのよね。

 

 

オトモンに関して

それでは、たぶんこの作品の目玉であるオトモンに関してですの。

オトモンは、拠点となる村や町で200匹までストックでき、一緒に連れていける子は5匹までになります。

 

ゲームを始める前に、正直に言うと私は「いろんなオトモンを育てないといけないのかな?(だとしたら、ちょっと面倒くさくなってしまうかも・・・)」とそう思ってしまっていたのですが、まだ5時間の段階で言うと、最初のドスランポスだけでもゴリ押は可能でしたですの。

なので、今後どうなるかはわかりませんが、育成は自由度が高いと思います。

特に、一緒に連れて行く5匹のオトモンは均等に経験値が入るので、勝手にどんどん育ってくれますわ。

 

また、オトモンは段階的に増えていくようで、今私は、森丘と雪山に当たる2フィールドを終えたところなのですが、

森丘→ドスランポス、アオアシラ、イャンクックイャンクック亜種

雪山→ドスファンゴ、ウルクスス、ザボアザギル、フルフル

というように、分布が分かれています。

 

ですので、最初からリオレウスで大空を自由に飛び回る!・・・などは出来ないですのよー。

 

 

さて、次にバトルに関して書こうかなと思ったのですが、久々に日記を書いて力尽きたので、続きはまた明日に!