読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NoAのモンハン日記

狩りの思い出、徒然に・・・

MHX61

金冠ツアー最大編の日記4回目ですの

 

昨夜はテオ最小出した後、こたさん達の部屋が空くのを待っておりましたが、ずっと満員。

そこに都合よく、カエルくんがオンになったので、もうこっちでいいや(←ひどい)と入室します。

カエルくんの最小が出てなくて、私の最大が出ていない共通項ということで、紅兜にチャレンジですの。

 

見限られる二人、カエルくんの紅兜最小編

カエルくん部屋主で部屋を建て、二人で待ちますが、なっかなか人が集まりません。

クエストは、紅兜LV10。

ちなみに、私エリアルハンマー、カエルくんブシドーランスです。

 

私  「来ませんわね。。。」

カエル「うーむ・・・」

 

待つことかなり、ようやくお二人入室して頂けました。

HR200くらいの片手とヘビィの方でしたわ。

そして、実戦。火力的にも、構成的にも悪くないと思っていたのですが、連携がうまく取れず、ばたついてしまいます。なんかチグハグな感じに。

結果、10分強でクリアするのですが、戻るとお二人の姿はなく・・・

 

カエル「あ・・・」

私  「これは、私たち見限られましたわよ」

カエル「そうだね(悲)」

 

この部屋で金冠連戦はきつい!と判断されたのではと二人でしょんぼりですの。

紅兜LV10だと、私の平均は7〜8分、最速だと5分くらいかなと記憶しております。

確かに、10分はちょっとかかり過ぎかもです。

そして、またまた全然部屋が埋まりません。

だいぶ待って、高HRのヘビィの方が入って下さりますが、その後少し待つも、一向に訪れなかったので、3人で出発ですわ。

結果、13分・・・部屋に戻ると・・・やはりまた二人だけに。

 

カエル「・・・」

私  「・・・」

まあ、でも仕方ない!13分はかかり過ぎですものね。

 

さらに待つも、来客なし。

そこで、カエルくんが、金冠部屋が乱立しているのではないか、それならば、別の部屋に移動されるのも、人が来ないのも納得がいくと、おっしゃいます。

なるほど、一理あるわね。

 

カエル「NoAさん、一度出て見てきてくれない?」

私  「合点承知!」  (←ガナさんの真似)

 

私は一度、カエルくんの部屋を出て、紅兜で検索をかけ、戻ります。

 

私  「金冠部屋、ここしかないですわよ」

カエル「ええw」

これは悲しい。ほぼ市場を独占しているにも関わらず、相手にされなかった私たちという現実を、まざまざと見せつけられることにっ!

こうなっては、なりふりまっていられませんわ!!

拘束が足りないと思った私は、やっと完成させたサポ操虫棍装備に着替えますの。

f:id:ucurrent:20160206105257j:plain

武器は、ハイエストグレイブではなく、麻痺値は劣りますが、攻撃力が20高いニードルヴァイン。

スキルは、「斬れ味レベル+2、乗り名人、罠師」です。

スキルは頑張れば、も少し伸ばせるのですが、岩穿の胴装備を強引に組み込んだ結果、こうなりましたの。

岩穿の派手な赤・青の色どりが、ディノの赤・青とマッチングがお気に入りポイント。

 

そして、高火力ニャンターとチャアクの方が入室され、いざ本番ですのっ。

いの一番にBCから飛び降りる私。

 

「このPTを・・・」

シビレ罠

「解散は・・・」

麻痺

「させないっ!!」

落とし穴からの乗り。

 

結果、5分で討伐!戻ると・・・いるっ!いてくださってる!!

連戦できる、できますのよー。

しかし、このPTも次で解散することになりますの・・・

というのも、紅兜最小が出ましたですのっ!

終わってみれば、連戦4回目、時間にして1時間強のことなので、いいペースでしたの。

つらい時間に耐えたご褒美だと思っておきますのよー。

 

 

本日のオマケ

調子に乗った私たちは、白疾風LV10に変更して、再び金冠に挑戦。

1戦目、大きくも小さくもないかなという2匹を倒すも、そのうち1頭が、カエルくんの銀冠を更新したとのこと。久しぶりで目が慣れてませんでしたが、白疾風の大きさって、それくらいでしたのね。

 

2戦目。あれ、さっきのよりは大きく見えるという子が出たので、一応

ぱしゃり。

f:id:ucurrent:20160205173249j:plain

こちらが、

f:id:ucurrent:20160205173341j:plain

まさかの最大金冠っ!

2戦目で出るなんて。今日調子いいですわよー。

流れきてると感じた私たちは、6戦目までやるも、そこでカエルくんが回線落ちしてしまったので、そこで解散に。

ちゃんちゃん。