読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NoAのモンハン日記

狩りの思い出、徒然に・・・

MHX49

金冠ツアーの日記14回目です。

 

今回は、12体のうち、唯一最小の埋まっていない隻眼イャンガルルガを攻略して、二つ名の最小は片付けてしまいたいと思っております。

 

 

最後の二つ名最小、隻眼イャンガルルガ

本日はまず、カエルくんの隻眼を育てて、その間に最小が出てきたら御の字、出なかったら、LV7の捕獲クエストを回すという作戦で参ります。

メンバーは、私、カエルくん、カノさん、ささきさんの4人ですの。

 

最初の事件はLV2の捕獲クエスト、場所は地底火山。

秘境スタートになってしまった私は、隻眼の待つ頂上を目指します。

すると、エリア8でカエルくんが、乱入のテツカブラと戦っておりますわ。

「それ、サブだから戦わなくてもいいのよ」と思い、サインでも鳴らしつつ通り過ぎようとした私の目に映ったのは、ちっこいテツカブラ

そういうことねと、「金冠の可能性あるので、サブも倒したいです」定型を流します。

ほどなく、ささきさんとカノさんも加わって下さり、すぐに討伐。

 

そういえば、以前、私たちもこのクエでテツカブラの最小出しましたわね!

そして、小さめがでたことに浮かれて、捕獲忘れて討伐しちゃったんでしたわ。

同じ過ち繰り返しません!

今回は、きちんと捕獲して終了。

帰還後、カエルくんとささきさんから、最小報告を受けます。

やりましたわね♪

前回は撮り逃した、テツカブラ最小の亡骸です。

f:id:ucurrent:20160113124909j:plain

斜面で倒してしまって分かりにくくて申し訳ありません。額が小さいのがポイント!

 

その後は、サクサク進め、1時間半ほどでLV10まで育てましたですの。

しかし、最小は出ず。当初の予定通り、持ち込み不可捕獲クエ連戦に移ります。

その1戦目。

小さめの個体が出ますが、隻眼は大きさの幅が小さいため、どれも同じくらいに見えてしまいますのよ。

捕獲後、写真をぱしゃり。(ここまで、基本的に討伐して終わっていたため、シビレ罠捕獲時の基準となる写真に)

ところが、

f:id:ucurrent:20160113142129j:plain

!!!

きちゃいましたわー。隻眼最小。最後の二つ名最小。

嬉しいですのー、と同時に驚き。

結果、さきほど撮っておいたこの写真が、隻眼最小の亡骸になりますのね。

f:id:ucurrent:20160113142054j:plain

20秒しかなかったので、これが精一杯でしたの、見ずらくて申し訳ありません。

 

 

最初の二つ名最大、岩穿テツカブラ

本日の目標であった隻眼最小を見事に獲得できた私たち一同。

ささきさんが抜け、こたさんが入ります。

カノさんの希望のクエを片付けた後、こたさんの岩穿を育ててつつ、最小を狙って参りますの。

 

個人的に注目なのは、LV4のザボアザギルとの同時狩猟。

ザボア最小・・・ザボア最小・・・

岩穿を倒した後、私の目に映ったのは・・・

大きくもちいさくもないザボアの姿。ぎゃふん。

 

続いて、LV7の持ち込み不可捕獲クエ。

私たちの中では、最小の獲得率が異様に高いので、本命的なクエストですの。

しかし、期待に反して、出てきたのは大きめの岩穿。

大きめというより、すごく大きいですの。念のためにぱしゃり。

f:id:ucurrent:20160113170126j:plain

(この子も斜面で終わってしまったので、斜めっております。)

この子が

f:id:ucurrent:20160113170206j:plain

初の二つ名最大金冠ですわよー!!

ついに巡り会えましたわ。

実に、特殊許可証クエスト493戦目のこと。

交換して頂いたギルカを拝見させて頂くと、確かに銀冠が多いのですが、それでも、ひとつふたつは、多くの方が金冠を持っていらっしゃいました。

ホントにご縁がなかったので、どのレベルで会えるんだろうと、正直不安でしたのよ。

やっと肩の荷が下りた気分でございますわの。

 

そして、LV9。プラキディオスとの同時狩猟で、

f:id:ucurrent:20160113172703j:plain

最小更新いたしましたわ。

そのままLV10まで育て、この日は解散致しました。

 

本日は、最後の最小と、最初の最大を獲得出来て、実りの多い日でしたわ♪

これで、最小は残り5つに。

カウントダウンが出来るくらいになってまいりましたのよー。