読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NoAのモンハン日記

狩りの思い出、徒然に・・・

MHX20

オンラインの日記2回目です。

 

まずはこちらをご覧下さいですの。

4G終了時点での長女(私の1キャラ目)の個別有効度です。

f:id:ucurrent:20151207133438j:plain

そして、次女(2キャラ目)ですの。

f:id:ucurrent:20151207133548j:plain

オンライン初日、二日目は、カエルくんといわべんさんと過ごしましたが、本日、私にとって、最も長い時間一緒に過ごした「戦友」の一人、琥太郎さんとオンで再開する日がやって参りましたわ!

 

琥太郎さん(以下、こたろうさん、漢字が難しいので)との出会いは、忘れもしない4Gの金冠ツアー中のことでした。

ネルスキュラ最大を目指して、二人で一晩かけて100匹以上狩り続けましたわ(笑)

結局その日は出なかったので、後日の再会を約束して、終了。

それがご縁で、その後ずっと一緒に金冠ツアーを続け、その後ギルドクエストに移り、

毎晩のように一緒に狩りをする仲になります。

 

4Gの後半は、私、こたろうさん、こたろうさんのフレンドのささきさん、そして、canossaさん(以下、カノさん)の4人でのPTが定番に。

クロス発売直前、11月末に行った「4G狩り収めの儀」もこの4人で行いました。

140ラーラーで今まで出せなかった0分針を出すことを目標に。

結果、最速でも5分24秒で、目標には届かなかったものの、今年の2月、まだPTを組み始めたころは、3時間やっても2、3回しか勝てない・・・

NoA「今日、私たち全然勝ててませんわね(笑)」

と言っていた頃から、ずいぶん成長しましたとクロスでの再会を誓い、幕を閉じました。

 

そんな過程を経て、私のオンライン解禁に伴い、やっと共に狩りに!

残念ながら、カノさんはまだ自分に課したオン解禁の縛り(村クエソロ制覇ということです)が解けないこということで、まずは、こたろうさん、ささきさんと3人で。

4人目の枠は、こたろうさんのご子息が登板。

親子でモンハンなんて素敵ですわね。

息子さんに誘われて、お父様がハマってしまったわけですが、ガンダムの「親父がハマるわけだ」という台詞を思い出します(この場合、逆ですが)

それにしても、こたさん最終的に、カンストになったのですが、自分の父親がいつのまにかカンストしてたら、私だったら若干引きますわよ(笑)

 

ささきさんが遅れているので、しばしクエストを回しながら、合流待ち。

f:id:ucurrent:20151212070141j:plain

懐かしいやり取り!

 

そして、ささきさん合流。

これからまた長い時間を過ごすスタートの記念です。

f:id:ucurrent:20151212074239j:plain

この時、私のHRが73だったのですが、

f:id:ucurrent:20151212074622j:plain

狩りの幕間の、こういうやり取りが、素敵なPTです♪

 

クエストは、各自の希望を順番に回していく流れです。

こたろうさんは、4Gの頃から双剣専門。麻痺双剣で拘束してくれるPTの要です。

今回は、ストライカー双剣

ささきさんは、メインウエポンがチャアク。今日の装備かわいかったですの♪

スタイルはエリアル

じんさんは、ストライカー大剣。

そして、私は、相手によりますが、ハンマーも解禁して、大剣と使い分けます。

まだ未熟なハンマーなので、少なくとも1スタンは自分んにノルマを課していますが、

取れないとへヘコみます。。。

ちなみに、ハンマーにしたのは、「狩りの貢献度」という遊びのためもあるのですが、その話はまた後日。

 

個人的には、オンラインに繋いで間もないので、他の方がどういう風に狩技を使うのか、それに自分が使った時巻き込まないか、そういった位置取りも含めて、体感して慣れていきたいと思っています。

狩り自体も楽しいですが、その最中のこたさんとささきさんの掛け合いがいいんですのよね。兄貴分と弟分みたいな(笑)

ちなみに、今回ささきさんがエリアルだったのは、凄い有り難かったですのよ。

やっぱりPTに一人乗りを狙える方がいると、チャンスを作って頂けるので、大剣・ハンマーを使う私にはありがたいですわ。

 

そんなこんなであっという間に数時間過ぎて、今休憩中です。

週末なので、まだこれから狩り倒したいと思っていますわ。

そして、皆さま、これからまたよろしくお願いしますっ!ですの

 

PS、やはりオンだと二つ名がメインになりそうな気がいたします。

今日もささきさんの二つ名ウルクスス行きました。縛りがあって、楽しかったですの。

私もまだ手をつけたいないので、まずは1回ずつ当たってみなくちゃ。