NoAのモンハン日記

狩りの思い出、徒然に・・・

MHXX21

ダブルクロスの日記21回目です。

今回の金冠ツアーを始める時に残っていた最小は、天眼、ディアブロス、バルファルクの3つでございました。

天眼を埋め、その後ディアブロスを埋め、最後に残ったのが、バルファルク。

今回の看板モンスターの最小を頂いちゃって、勲章をゲットしたいと思いますの。

 

 

バルファルクは今回クエストが多いですわよね。

G級だと、遺群嶺、砂漠、雪山、密林がございます。

一週間ほど前に、最小既に獲得済みのカエルくんと最大狙いをしていた時は、砂漠と雪山に絞ってやってみましたの。

砂漠だと初期位置が遠くても、モドリ玉でキャンプに戻って、そこからすぐにバルのところに行きやすいから・・・というそんな理由でした。

この日はさくっと砂漠で最大を出すのですが、残念ながら最小は出ず、お開きに。

 

 

そして、昨日カノさんとバル最小に再び挑戦。

今回は、気分を変えて、遺群嶺、密林中心に攻めて行きましたわ。

その7戦目で最小ゲットですのー。

f:id:ucurrent:20170430074443j:plain

感覚としては、前足と後ろ足の間隔が狭い子が小さめの個体だったと思いますの。

一応、写真もぱしゃりしておきました。

f:id:ucurrent:20170430074334j:plain

うーむ、あまり参考にならなくて、申し訳ありませんっ。

 

ミニチュアマスタークラウン、ゲットだゼ!ですの。

f:id:ucurrent:20170430074552j:plain

というわけで、昨日4/30を持ちまして、私もダブルクロスの勲章埋め、終わらせることが出来ましたっ。

ご協力頂いた皆様には、感謝感謝でございますっ。

実は、G4の勲章は、クエ埋めのお手伝いなどで埋まってしまったので、ソロではまだ攻略できてないクエストが3つほどありまして、そちらは宿題ですわね。

あとは、最大金冠の塗り直しも残っております。

ハンター生活に終わりはございませんわねっ!

 

 

 

モンスターハンターダブルクロス/最大最小金冠

モンスターハンタークロスの時にひきつづき、私のプレイにおける最大最小金冠の出現クエストを残させて頂きます。

金冠コンプを目指す同士の皆さまの一助になれば幸いです。

なお、この記事は現在も随時更新中です(私が、金冠ツアーの真っ最中のため)。

 

注意点

ダブルクロスで追加された通常モンスター9種+二つ名モンスター6種について載せております

・最大に関しては、銀冠ではなく金冠出現クエストに限って記載しております

・クエストの後ろのマーク

 ☆マークは、そのクエストを初クリアで金冠が出たものにつけています。

 ○マークは、素材集めなどの最中に金冠が出たものにつけています。

 !マークは、金冠ツアー中に金冠が出たものにつけています。

・メモは主に金冠ツアーで、「どのクエストを何回行ったか」などの備忘録を残しております。

私個人の経験と主観に基づいて記載しておりますので、出やすさ出にくさを保証するものではございません。あくまで参考程度にして頂きますようお願い致します。

 

 

最大最小金冠クエスト一覧

ドスギアノス

最大/村7「商売ガタキのドスギアノス」!

最小/村7「商売ガタキのドスギアノス」!

メモ/この時のことはこちらに。

 

ババコンガ

最大/村7「調査隊初陣!遺群嶺の桃毛獣」☆

最小/G2「ババコンガのキノコ品評会」☆

 

 

ボルボロス

最大/G2「泥まみれの商魂!」☆

最小/G2「泥まみれの商魂!」○

 

 

バサルモス

最大/イベントクエスト「ゼルダの伝説・力の試練」最大確定

最小/特殊許可「朧隠狩猟依頼G3」☆

 

 

ネルスキュラ

最大/

最小/G2「ネルスキュラの生体研究」☆

 

 

ベリオロス

最大/G4「騎士と氷海の決闘」☆

最小/G3「氷牙竜が大発明のカギ?」☆

 

 

グラビモス

最大/

最小/G3「鎧竜グラビモスの脅威」○

 

 

ディアブロス

最大/村10「死闘!角竜ディアブロス」☆

最小/G4「砂上に見ゆるは猛き双搔く」!

 

 

バルファルク

最大/G4「天彗龍流 狩人道場」!

最小/G4「スーパーソニック」!

 

 

※以下、二つ名の金冠なのですが、今回最大金冠は「超特殊許可クエスト」が非常にでやすい(もしかすると確定で最大?)印象がございます。

私は、「超特殊許可クエスト」の前にほとんど埋まってしまったので定かではないのですが、ご参考までに。

 

 

朧隠ホロロホルル

最大/特殊許可「朧隠狩猟依頼G5」○

最小/特殊許可「朧隠狩猟依頼G5」☆

 

 

鎧裂ショウグンギザミ

最大/超特殊許可「鎧裂狩猟依頼」○

最小/特殊許可「鎧裂狩猟依頼G2」☆

 

 

天眼タマミツネ

最大/特殊許可「天眼狩猟依頼G4」○

最小/特殊許可「天眼狩猟依頼G1」!

 

 

青電種ライゼクス

最大/特殊許可「青電種狩猟依頼G3」☆

最小/特殊許可「青電種狩猟依頼G2」○

 

 

銀嶺ガムート

最大/特殊許可「銀嶺狩猟依頼G4」○

最小/特殊許可「荒駒爪狩猟依頼G5」☆

 

 

鏖魔ディアブロス

最大/特殊許可「鏖魔狩猟依頼G1」☆

最小/特殊許可「鏖魔狩猟依頼G5」☆

 

MHXX20

ダブルクロスの日記20回目です。

こんばんは!少し間が空いてしまいました。。。最近は、プレイ時間は少し減って、カエルくんの特殊許可育成に同行しつつ、少しずつ金冠を埋めたり、残りのクエをソロでトライしたり・・・という感じでございますっ。

 

ただ、残った獰猛モンスターの連続狩猟が、ソロでは時間的に厳しくて、一度時間切れ負けしてしまいまして、以降足が遠のいてしまっておりますぅ。

火力強化のために、「会心強化+4、スロ3」のお守りがあれば、黒炎王を着たまま、超会心が載せられそうなので、それがひょっこり出てくるのを待ってたりもするのですが、世の中そんなに甘くないですわねー(泣)

 

さて、本日は金冠ツアーのお話ですわ。

今回の金冠ツアーは、追加モンスター9種+追加二つ名モンスター6種の計15種の最大最小なので、狙うは全部で30個!

クロスに比べると、当然ですが、だいぶ少な目ですね。

 

そして、G級ということもあって、体感的には金冠は出やすくなっていると思いますっ。

実際、私が金冠ツアーをする前に、30個中22個まで、クエ埋めや特殊育成の過程で集まってしまいましたの。

 

ダブルクロス金冠最初のお話ということで、ドスギアノスのことを。

ドスギアノスはG級クエストに単体狩猟のクエストがないので、村上位クエスト「商売ガタキのドスギアノス」を狙ってみましたわ。

こちらは、ソロでもほとんど1分かからず討伐出来てしまうので、むしろ討伐後の1分のほうが長い・・・くらいでサクサク回せました。

およそ1時間ほど13戦回して、大小どちらもゲットですの!

大だとこんな感じで、

f:id:ucurrent:20170403212352j:plain

画面におさまりきらないっ。

f:id:ucurrent:20170403212439j:plain

 

小だとこんな感じですの。

f:id:ucurrent:20170403220853j:plain

かなり小さいですわねー。

f:id:ucurrent:20170403221006j:plain

このクエストを回していれば、ゲット可能ということでございました。

 

 

そして、もうひとつ天眼最小のことを。

唯一、二つ名で金冠が残ってしまったのが、天眼の最小でしたので、金冠ツアーはまずこれを片付けようということになりました。

天眼さんは、クエストのラインナップがやや大変で、

G1/単独捕獲

G2/ディノバルド→ライゼクス→タマミツネの連続狩猟

G3/単独狩猟(1乙で失敗)

G4/白疾風との同時狩猟

G5/ジンオウガ→タマミツネ→天眼の連続狩猟

となっております。

 

 

カエルくん、カノさんと相談し、最初の夜はG3を10回回して出ず、次の夜はG1を10回回して出ませんでした。

それで、どれも大変そうなG2、G4,G5のうち、G4に挑戦した第3夜。

白疾風との同時狩猟を5回終えたところで、「これは、とっても面倒ですの!」と意見が一致し、再びG1に狙いを戻します。

 

その初回、誰も大きいも小さいも言わなかった個体が、

f:id:ucurrent:20170423163136j:plain

最小でございましたっ。

見た感じは、普通くらいの大きさかなと思っていたのですけれども。

ちなみに、G1回し中は、「クエスト失敗は避けましょう!」とちゃんと捕獲で終わってたのですが、この時はぼーっとしてって、そのまま討伐。。。

なので、バックが青く「QUEST FAILED」に。

 

最後そんな感じになってしまいましたが、天眼さんの最小はG1で出ますっ。

金冠ツアー、最初は計26匹目でゲットとあいなりましたですの。

 

 

MHXX19

ダブルクロスの日記19回目です。

発売からほぼほぼ1ヶ月ほど経ちましたね。その区切りのいいところで、特殊許可証クエスト攻略をなんとか、最後まで済ませられたらいいな・・・と、昨日最後にとっておいた二つ名筆頭「鏖魔ディアブロス」に行って参りましたですの。

 

 

この「鏖魔ディアブロス」なのですが、以前ガナさんのを育成したことがございまして、その時はG5まで育てて、超に3〜4回トライしたのですが、攻略ならず。。。

後日のリベンジを誓ったまま、昨日を迎えてしまいましたの。

 

その時、突進や地中潜りを頻繁に繰り出す鏖魔を華麗にさばいていたのが、麻痺操虫棍を担いだガナさんで、それはもうキレイに拘束を取って下さり、道中快適でございました。

この「ハイアーザントップ」という操虫棍を担いだ時のガナさんのご活躍を、勝手に「ガナ式」と名付け、羨望の目で見ておりましたです。

 

そして、今回、鏖魔にリベンジするに当たり、「溶岩島なので罠は使えない・・・ここは私が・・・」と、ダブルクロスで初めて操虫棍を担ぐことにいたしましたわ。

今回から、「虫の移動」が可能になったので、なかなか大変な武器の強化をオミット出来るのも嬉しいところ!

 

 

というわけで、「ガナさん、その装備パクらせて受け継がせていただくっス!ですの」と組みあげたのがこちら。

f:id:ucurrent:20170418075017j:plain

実際には、ガナさんの装備を元に、「対鏖魔」用にアレンジを加えさせて頂いておりますの。

以前「高耳が欲しい・・・」とおっしゃっていたのを覚えておりました。

ネセト一式だと、匠2+高級耳栓+業物の発動がお守り頼りになってしまったので、私も初めてグギグギグを作っちゃいました。ただ、腰は高耳のため変更しておりますの。

 

さて、見た目も変更しちゃいますわよ。

今回、特殊許可証を進めて行くことで、二つ名装備の見た目が解禁になりますので、こちらは二つ名装備だけで選んでみましたですのー。

f:id:ucurrent:20170418074943j:plain

頭/紫毒姫、胴/岩穿、腕/宝纏、腰/白疾風、脚/青電主。

クロスの時も、胴装備は強引に岩穿メイルにしていたので、その流れを継承。

この赤青黄のきらびやかな感じがいいなあと思います。腕は、「右手に虫!左手に盾!」と両腕になにかがひっついてる感じでバランスを(笑)

 

 

さあ、こちらの装備で出発ですのよー。

 

 

最後の特殊許可証クエスト「鏖魔ディアブロス」編

この日のメンバーはカエルくん、こたさん、そして、私と同時に特殊許可証が終わるカノさんの4人ですの。

G1〜G5のラインナップはこちら。

G1/単体狩猟クエスト

G2/単体捕獲クエスト(ただし、1乙で失敗)

G3/ディアブロスと同時狩猟

G4/獰猛セルレギオスと同時狩猟

G5/2頭連続狩猟@溶岩島

 

 

せっかく今回のために組んだ装備ですもの、ガンバりますわよー。

「麻痺!乗り!高速設置!、ついでに閃光玉もいかんなく投げますわよー」の精神で、

私、カノさん、こたさんの3人分育てていたんですが、G5までサクサク進みますの。

罠の使えない溶岩島も、体力の減退もあって、合流前に落とせて割とスムーズに。

 

 

そして、本番の超特殊許可証クエスト!クライマックスですわ!!リベンジも兼ねてる!

 

 

ところが、今まで楽をしすぎた弊害がここにきて表れてしまいますの。

具体的には、拘束による完封を続けていたせいで、モーション覚えてなかったですぅ(汗)

超特殊の攻撃力の高さも相まって、ぼこぼこキャンプ送りにされて行きます。

罠に頼り過ぎるのも、考えものですのよね。。。。

 

 

咆哮からの高速突進、突進からのピンポイント地中潜り、そしてオーラ纏3連続突進。

この3つへの対策がなかなか、出来なかった感じでございます。

超特殊を初めて2時間、4乙を7回重ね、以前の青電主の時のようなムードが漂いますの。

しかし、今日終えるって決めたから!こないだみたく持ち越しになんてさせませんのーと、そこから立て直します。

 

休憩をはさんで迎えた8戦目、討伐タイム11分でようやく勝利をおさめることが出来ましたですっ。

一度勝てると何故か勝率が上がり、そこからは3連勝でフィニッシュですの。

 

 

皆様のお力添えあり、オンラインを解禁してから3週間。

1日ひとつずつ育てた特殊許可証、ようやく終わらせることが出来ましたっ!

f:id:ucurrent:20170417235033j:plain

 

そして、名前の横の王冠も大金冠に。

f:id:ucurrent:20170418075145j:plain

ここまで、長かったですぅ。。。

 

 

というわけで、一区切り迎えることが出来ましたが、この後、私は皆様の特殊育成に同行させていただきつつ、金冠ツアーに移行いたしますっ。

そして、ソロ狩り、あと獰猛連続クエストが4〜5個残っているんですのよね、時間切れ負けの気が重く、未だにてをつけてないのですが・・・そろそろやるっきゃないのかしら。

 

 

では、今夜はこのあたりで!アディオスですのー。

MHXX18

ダブルクロスの日記18回目です。

本日は闘技場クエストのお話ですの。

 

勲章を埋めるためには、シリーズによって異なりますが、基本的に闘技場を全Aランクか、もしくは全Sランクでクリアする必要がございます。

カノさんの話によると、今回は全Sが必要とのこと。

特殊許可証埋めの合間をぬって、カノさんと二人こつこつ闘技場に通っておりました。

 

 

闘技場全Sの難易度は作品によって、ばらつきがあるかと思いますの。

前作クロスはとっても簡単で、ほとんど初見でSが取れましたが、4の時は難しかった記憶がございます。

果たして、今回は・・・というと、私個人の印象といたしましては、かなり難しめ。

中でも、ニャンターが激ムズでございましたですの!

本日はそこを中心にお話させて頂こうかと思いますわ。

 

 

まず、普通にハンターでの闘技場クエスト。今回は4種類ございまして、イャンガルルガ、ベリオロス、ウラガンキン、セルレギオス

闘技場は自分の得手になる武器が使えるかで、難易度もだいぶ変わってくるかと思いますの。

私の場合は、大剣、ハンマー、操虫棍、それにライト&ヘビィあたりがあると助かります。

今回はクロスの時よりはシビアになっていると思われ、得手があっても、失敗→戻ってカノさんと打ち合わせ→再チャレンジの流れを繰り返し、1発クリアはございませんでした。残念。

だいたいどれも3回くらいでしたですの。

 

その後、ニャンター3種に移行するのですが、これが大きな壁と立ちはだかり、計3夜かかっての攻略になしましたのよー。

 

ダブルクロス闘技場/ボルボロス Sランクを狙え!

最大の難関がこちら、「ニャンターで対ボルボロス 5分未満でSランク」でございました。

結論から言うと、最初に挑戦した1夜目、リベンジを誓った2日目、背水の陣で向かった3夜目、計22戦目にして、カノさんと二人ようやくSを出しましたですの。

 

 

22という数字は金冠などと比較すれば、それほど回数を重ねていないようにも見えますが、失敗の度に新たな作戦を相談していたので、時間はかなりかかっておりまたの。

そして、限定された条件の中で解法を探しているのに、一向に先が見えない泥沼は私たちの心を蝕んでいきました。。。

 

 

このクエストで選べるのは、カリスマ、ガード、アシスト、ボマー、ビースト。

初日は様子見くらいで3戦。オトモとして優秀だったビーストを二人ともチョイスしてみますが、7分前後。

「これはなかなか大変そうですわね」

と、夜も遅かったので、翌日に持ち越しました。

 

 

2日目。この日は二人で、いろいろな組み合わせを試します。

最初は、私はオトモとして愛用していたビースト、カノさんはボマーを選んでいました。

それなりに上手く立ち回れた!手応えがあった!という時でも、6分前後。

「ここからさらに1分縮められますの!?」

と、不安がどんどん募っていきます。

 

 

勿論、腕の問題もあるとは思うのですが、二人ともどこかに

「プレイスキルに左右されない正解の組み合わせ」があると考え、設定された武器、サポート行動、オトモスキルを吟味し、どれならいけそうかと相談しながら何度も挑戦し、そして失敗していきました。。。

「これは、爆弾とか毒とかの固定ダメージをうまく利用しないといけないのでは」

「カリスマのオトモ鼓舞が使えるんじゃないか」

「意外とガードという可能性も!?」

などなど。

しかし、そのどれもうまく行かず、この夜は解散とあいなりました。

 

 

前日の袋小路感がぬぐえないまま迎えた3夜目。

カノさん「ボマーなら、ソロでも成功例があることを調べましたよ」

それはいい情報!とボマー×ボマーコンビで挑みます。

この組み合わせ一応昨日も試してはいるんですが、再挑戦。これで、新記録の5分45秒、なかなか越えられない6分の壁は超えますが、まだ45秒も・・・と愕然と致します。

 

 

この後、またいろいろ試すのですが、どれもうまくいかず完全に袋小路に。

そこで、「組み合わせを考えるのはやめて、練度を上げる方向で、とにかくあきらめずに頑張ろう!」と考えを改めましたですの。

そして、一番可能性のありそうなボマー×ボマーに望みを託します。

 

 

その結果、実に22回目の挑戦でようやくSランクを取ることに成功いたしましたですの!

これは、本当に嬉しかったですぅ(泣。

f:id:ucurrent:20170415115037j:plain

これからこのクエストに挑戦される皆様に、少しでも参考になればと、僭越ながら 以下に、カノさんと相談に相談を重ねた私たちの解法、記させて頂きますわね。

(金冠ツアーと同じで、「成功例があることを心の支えにしたい!」という感覚に、陥りましたわ)

 

 

基本戦術

・基本的に通常攻撃は一切せず、「小タル爆弾」を当て続け、ゲージが溜まったら「大タル爆弾G」を当てる

(投げる時は、ボロスの近く、足元付近がよさげ。小タルは放物線の軌道を描きますが、その出始めや頂点でヒットする位置取りだと、攻守に便利に感じました)

ボルボロスの突進はジャスト回避で回避

 

 

成功した時の作戦

・まず寸暇を惜しんで攻撃をし続けることが大事。本当にずっと爆弾を投げてるイメージ。

ボルボロスの動きを見ることは大事ですが、タゲ合わせされている時など待つのではなく、その間も爆弾を当てる

・結果、一番脅威になる突進が来ることもありますが、それはジャスト回避!(最初は難しいかもですが、私も出来るようになりました。)

・追いかけっこを防ぐため、事前にどのあたりで戦うかをおおまかに決めておく

(私たちは平台側の奥に出来るだけ誘導狙い。ボルボロスが壁際で止まらざるを得ないので、移動少な目に。また疲労になるとバックステップを連発するのですが、それが壁際だと攻撃チャンスに!)

f:id:ucurrent:20170415115339j:plain

成功時は、この子が見ている先に、ボルボロスを連れて行けました。ただ、誘い待ちをする時間的余裕はないので、あくまでここを背中に背負う・・・を意識するくらいでしたですわ。

 

 こんな感じでしょうか。このクエストは本当っに苦労いたしましたですの。。。

振り返ってみると、組み合わせを探すより、プレイスキルがやっぱり大事ですあねと改めて思いましたわ。

あと、少しの運。ボルボロスが泥まき散らしを連発して、泥まみれにさせられると時間のロスに。そういう時は、失敗しちゃいました。

 

 

さて、残りふたつのニャンター闘技場はさらりと。

・闘技場ニャンタークエスト/テツカブラ

こちらは、カノさんが「コレクト×コレクトで。そして、クロス時代に隆盛した貫通&巨大ブーメランのみを当てまくる作戦でいきましょう」と提案。

この作戦は見事にハマり、5戦目でSランク。4分52秒でした。

私が、ブーメランのやり方を思い出すまで時間がかかってしまいましたが、他のタイムも5分〜5分15秒くらいなので、割と安定の組み合わせだと思います。

 

 

・闘技場ニャンタークエスト/ババコンガ

こちらは、「ゴリ押ししましょう!」とビースト×ビーストを選択。

立体闘技場でSランクは7分以内。ツタの上ではなく、下で戦います。

こちらは作戦という作戦はなく、とにかく避けて殴るの繰り返しで、2戦目でSランク。6分38秒でございました。

 

と、今週はこつこつ闘技場に通いまして、ついにこちらの勲章を!

f:id:ucurrent:20170415115102j:plain

ちなみに、この勲章のふたつ隣り、ビッグマスタークラウンも、一つ残っていたバルファルクの銀冠を手に入れて、同時期に頂いちゃいましたですの。

 

 

本日は長くなってしまいました。

ご一読頂きありがとうございましたですの。

特殊許可証クエストも、今週末あたりには終わらせることが出来るかなあ・・・ですの。

では、また!

 

 

 

 

MHXX17

ダブルクロスの日記17回目です。

毎夜こつこつ進めている特殊許可証クエスト育成も、そろそろ目途がついてまいりましたですの。

二つ名筆頭ということで、鏖魔ディアブロスはとっておりてまして、それを最後に飾りたいと考えております。

後日まとめて書きたいなと思っておりますが、二つ名育成はやっぱり骨があり、青電主ほどではありませんが、乙の山を築いております。。。

 

ところで、本日はまた別の話を。

4Gやクロスの時に続いて、こたさんがまたまたUSJに赴き、先行配信クエストを持って帰って来て下さいましたっ!ステキ♪

早速、私もお呼ばれして、一緒に遊ばせて頂きましたですの。

今回はこちらのふたつ。

f:id:ucurrent:20170411141134j:plain

キリン2頭同時狩猟の下位クエスト。裸装備での挑戦になります。

報酬でオリジナルのオトモ武器、防具が作成可能。

 

もうひとつが

f:id:ucurrent:20170411133204j:plain

バルファルク狩猟の上位クエスト。

報酬でオリジナル防具「和歌・覇」シリーズが作成可能。あと、太刀もあったはず。

 

そして、和歌シリーズはこんな感じですの。

f:id:ucurrent:20170413120118j:plain

和風!いいですわねー。

こちら一式で、「集中、業物、回避距離」が発動致します。

性能は、あくまで上位装備の範疇で、防御力は未強化で300台前半、空きスロは3個。耐性高めなのが特徴で、全体性15。

ネセト全盛の昨今、着る機会はなかなかなさそうですが、デザインはカッコイイですわよね。

 

そして、限定のオトモもいて、そちらも譲り受けたのですが、このネコちゃんには、オトモスキル「ビースト延長」というのがあって、これは今現在ここでしか手に入らないということですの。

私も、ビーストオトモにはお世話になっているので、これはすっごく有り難いですの!

伝授、伝授。

 

ちなみに、今回のクエストは確定金冠クエストではなかったですわ。

(キリンは大小揃ってるので確認不可ですが、バルファルクは少なくとも違いました)

 

 

こんな感じで昨日は楽しませて頂きました。

こたさん、ありがとうございましたですの♪

 

 

 

MHXX16

ダブルクロスの日記16回目です。

モンハン新作プレイ中は毎回、生活リズムが狂ってしまうのですが、今現在「毎夜毎夜、ひとつ二つ名を育てる」というある意味規則正しい生活になってしまっておりますわ。

先日、宝纏ウラガンキンに行って参りましたですの。

 

 

・顎砕NoA、再び

再びと書きましたが、クロスの時に、タイミングが合わなくて結局書かなかったので、なんのことかと言うと、私は宝纏の顎を部位破壊するのが本当に好き。大好き。

 

もちろん破壊すれば報酬が見込めるとか、肉質的に柔らかくなり戦いやすくなるとかそういうメリットもあるのですが、そういうの正直関係ない。

あの顎をカツーン!と壊す瞬間、たまらなく気持ちいいんですの♪

 

クロス当時、私が嬉々として宝纏に赴いていていたので、カエルくんに

「この猟奇〇罪者が!」

と罵声を浴びせられたものですが、ひどいですわよね。

私は、、、私はただ顎が壊したいだけ。

 

とはいえ、宝纏の部位破壊するのはそこそこ難しいと思いますの。

正面がローリングの的になってしまうので危ない、お腹のぽこっとした弱点を狙う方の方が多い、そもそも肉質的に非常に硬く生半可な武器だと弾かれてしまうなどなど。

私も、慣れるまでは、砕く前に討伐してしまうことが多く、悲しみに暮れていましたですの。。。

 

 

そこで、専用装備を考えました!

それが、顎砕きNoAですのっ。

とにかく序盤に顎を砕かないとPT的にも意味がないので、普段はあまりつけない「破壊王」、チャンスを作るための「耐震」、それに弾かれず攻撃力を維持するため匠を発動させていました。

他にも、欲しいスキルあったんですが、当時はこれで精一杯でしたの。

 

その魂を受け継ぎ、新調した「顎砕装備」がこちら。

f:id:ucurrent:20170410113334j:plain

スムラ武器があるので匠を切って、より火力寄りに。そして、チャンスをもうひとつ作れる耳栓もありがたいですの。

 

この装備を着こみ、意気揚々と、顎砕NoA出陣ですの!

地底火山で

f:id:ucurrent:20170408150136j:plain

 

溶岩島で

f:id:ucurrent:20170408153951j:plain

とにかく顎を砕きますのよー。

はぁ、快感です。

 

趣味性の強い内容になりましたが(汗)、本日もご一読頂きありがとうございましたですの。

 

PS、週末、超許可証攻略が10種類を超え、王冠が中金冠になりました。

ようやく折り返し地点ですー。

f:id:ucurrent:20170409200939j:plain